Go!Go!Megumo!

リアル時々色々

Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記  Tags: ---

Comment: 0  

さくら心中めぐもん的まとめ
さくら心中大好きっこ
めぐもんです。こんにちわ。

最近ニートなので
さくら心中毎日みとります。

わかんない人のために

さくっとまとめてみます。

続きを読むから見てちょ♪

―第一部―
主な登場人物:宗形郁造→いさみ酒造の社長
       まりえ→郁造の妻
       宗形 勝→郁造とまりえの子
       宗形桜子→宗形家の養女
       秀ふじ →桜子の産みの母であり、比呂人の育ての母。郁造の愛人でもある。
       高梨比呂人→いさみ酒造に杜氏のアルバイトに来た青年。
       櫛山唯幸→高山で評判の高利貸し。
       真紀枝→唯幸の妻。美容院の先生
       雄一→唯幸と真紀枝の子
       健→雄一と前妻の子
       さやか→桜子の友達。勝の元妻。雄一の妻。
       押川環→貧乏農家の主。さくらの育ての母
       とよか→環の娘
       陸夫→環の養子、とよかの養弟。健の友達。
                  

あらすじ


郁造はダムで沈む村の1本の桜の樹をほしいと
全財産をなげうっていさみ酒造の裏庭に移植を決意。
そのとき桜の樹の下で遊ぶ小さな桜子をみて養女に引き取る。
年月が経ち、美しく育った桜子と杜氏のバイトに来た比呂人と
その桜の樹の下で運命的に出会う。
恋に墜ちた2人はその桜の樹の下でキスを交わすところを
勝に見られ、勝もまた桜子が血のつながっていない妹ということはわかっていたため
桜子に惚れていた。
勝は比呂人に嫉妬する。

そんな折、植樹のための借金があり、なおかつ、いさみ酒造の経営が傾き始めていて
櫛山から多額の融資をしてもらっており、このときに唯幸の息子雄一も桜子に惚れていた。
唯幸は借金のかたに雄一と桜子を結婚させるつもりでいた。

そんな時、郁造と桜子の産みの親秀ふじは2人で心中を図るが
秀ふじだけが生き残る。

唯幸に酒蔵の経営権を宗形から奪わないようにと言う条件で
雄一と結婚するという決意をした桜子。

郁造が死ぬ前に
比呂人は桜子の実の兄と聞かされた桜子は
比呂人と結ばれる。

雄一との結婚を控えた前日
勝はずっと前から好きだったと言うことを桜子に告げ
桜子を抱こうとするも
桜子が比呂人の子供を宿ったと勝に告げる。
そして勝は桜子に
そのお腹の子は俺との間にできた子として育てるんだと告げる。

雄一はそんな事も知らず
妻として迎えた桜子が
自分には触れさえてもらえないことに苛立ちを覚える。
その鬱憤を晴らすように、さやかとのちに愛人関係になる。

桜子は良き妻として、良き嫁として
櫛山の姑の仕事を手伝うつもりで美容院で働く。
そのときに客としてきていた
産婦人科医が
桜子が妊娠してると
姑の真紀枝に告げる。

誰の子かと問い詰められた桜子は
何も言えずにいたが
雄一が俺の子とその場をごまかし
桜子と2人きりになったとき
雄一は「誰の子だ?」と桜子に問い詰める。
桜子は「愛する人の子」と雄一に告げる。

雄一に桜子を取られる形で
苛立ちを覚えていた勝は
さやかがいるお店に毎晩自棄酒をしに店に来ていた。
さやかはそんな勝をみて不憫に思い
いさみ酒造にバイトとして働く。

そんなさやかをみて勝の母まりえは
さやかと勝を結婚させる。

そして、桜子の妊娠がわかった時
雄一は勝に詰め寄る。
そして勝は
「桜子のお腹の子は俺の子」と言い放つ。

桜子は女児を出産。
名前はさくらと命名する。

雄一は「お前の子ならお前が育てろ!」と
さくらをいさみ酒造へ引き渡す。


1回切ろう…wwww

次回続く

















かも?

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。