Go!Go!Megumo!

リアル時々色々

Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記  Tags: ---

Comment: 2  

いやぁ! 久しぶり!
めぐもんだよ!生きてるよ!
半年以上書いてなかった!

今年の正月は1ヶ月仕事をサボって契約の手違いで先に予定入れちゃって
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

1月いっぱい北海道行って遊んできましたぜ!ww

行ったゲレンデは小樽の天狗山・札幌市のテイネハイランド・留寿都村のルスツリゾートの3箇所。

一応参考までに…

未圧雪だったゲレンデ(天気悪かったけど、雪質最高でしたわぁ!ふかふか♪)
天狗山>ルスツ>テイネ

アクセスのしやすさ
ルスツ>テイネ>天狗山
ルスツは札幌から無料で送迎バスがある。
前日までに予約を入れておくと確実に乗れますぜw
テイネもバスは通ってる。
天狗山もバスはあるんだけど、従兄弟家族と一緒だったため、車でした。
たぶん、札幌市内に宿泊するとまた順番変わります。
札幌市内だと
テイネ>ルスツ>天狗山の順。ちゃんと往復バスとリフト券つきのプランとかいろいろ選べるよ!

スキー場の広さ
ルスツ>テイネ>天狗山

角度が険しい順
天狗山>テイネハイランド>ルスツ(Mt.East)

天狗山制したらどこでも滑れると親戚が語ってました。

最高傾斜42度とか絶壁だろうよ!
オレには無理でした(´・ω・`)

中級コースでも最高傾斜30度あったんだぜ・・・。こええええよ((( ;゚Д゚)))

テイネハイランドは札幌冬季オリンピックコースがあるため、大回転コースとかありますです。

ルスツはリゾートなので、中級コースでも最大傾斜25度前後。初心者向きです。




雪道の運転大丈夫だぜ!っていうひとはレンタカーで直接ゲレンデ行っても可能。
岐阜とか長野の山道と違って、峠道のS時カーブがゆるいです。でも安全運転でっ!
あたしは死ぬのわかってるので、バスでいってました。

【スキーバスの利用の仕方】

ルスツのリゾートライナーは前日の夕方17時までにメールフォームから予約を入れられます。
たしか4/6か4/7までの運行。それ以外は千歳空港から直行乗るか車借りて直接こいや!です。
バスの時間と飛行機の時間とうまい具合に調整しないと、たどり着けませんので注意が必要。

テイネの場合。
JR北海道バス(JRHバス)がリフト券つきプラン(バス代往復とリフト券つき)4,600円車内で販売してます。ここは、1月18日までと土日祝のみの運行。当日そのまま買えます。
あとは中央バスもにたようなの販売してたと思うけど…。中央バス通ってない地域だったんで、詳しくはわからんのです(´・ω・`)

天狗山は小樽散策バスにのって天狗山まで行きましょう。リフト券は現地購入したほうがいいよ!wそんなに大きいゲレンデではないのでw
バスターミナルでもリフト券つき売ってたかな。

あとはJRのSKIPサービスを利用するのも手。
手ぶらでゲレンデいけちゃう!

手ぶらスキップニセコ・トマム・テイネのプランがあります。
手ぶらはレンタル一式(ウェア上下・スキー、ボードレンタル)電車の運賃(往復)+リフト券のプランです。

私は一式あるんで、窓口の人に聞いてみたら、SKIPニセコの設定はないんです(´・ω・`)と言われました。
手ぶらSKIPなら設定ありとのこと。いいじゃねーかよ・・・割引しろって…って内心思ったけど、しょうがなかったです(´・ω・`)

ルスツでは吹雪に遭遇しましたよ。まさにホワイトアウト。
風強い!雪すごい!目の前真っ白!そして吹雪に酔うめぐもん( ´;゚;ё;゚)・;'.、・;'.、

ルスツはゴンドラで山を横切るんで、横切るゴンドラが止まるとおうちに帰れません…。

しかしあの風でよく動かしてたなぁ…って思いました。で、着替えを置いてるところまでなんとか着いて
放心状態だったですよ。( ゚д゚ )こんな感じ。

ほとんど利用者がいないので、更衣室でグッタリ座りこんでましたよwwwww

だけど、楽しかったヾ(*´∀`*)ノ



また4月に行きそびれたニセコいってきます⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

とりまこれで滑り納めですわw

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。